アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
毎日が洋楽
ブログ紹介
 我々が毎日事務所で聴いている洋楽CDの履歴です。
 基本的にCDを通して完奏したものをリスト・アップします。

●大薗/岩下 共に聴いたもの
■大薗のみ
▲岩下のみ
zoom RSS

毎日が洋楽

2014/05/13 02:05
更新終了のお知らせ

 諸般の事情により
 「毎日が洋楽」の更新を終了させていただきます。

 「25年前の洋楽日記」も中途で頓挫してしまいます。
 申し訳ありません。

 これまでご覧頂いた皆様に深く感謝致します。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


毎日が洋楽

2014/05/09 14:01
●ヨシュア・ジャッジズ・ルツ
 ライル・ラヴェット (Curb ALCB-565)

 最近入手したジャクソン・ブラウン・トリビュート・アルバムでの好演を耳にしたことで、個人的に再評価機運が高まっていたライル・ラヴェットの92年作。
 この時点でのキャリア・ハイの最高57位まで上昇し、ゴールド・ディスク獲得という実績を残している。

 基本的にはカントリー界の人ではあるが、それでは括れない異端な作風が特徴で、本作でもゴスペルやブルース・タッチの楽曲が目立っている。
 ほとんどの楽曲ではジャクソン・ブラウン・トリビュートでも共演していたリー・スクラーとラス・カンケルのリズム・セクションが参加し、洗練された演奏を聴かせ、歌唱もなめらかで上質な仕上がりに満足感をおぼえる。

 このCDの収録曲を知りたい方、また購入されたい方は下のジャケット写真をクリックするとアマゾンのサイトへ入ることができ、そこで詳細情報閲覧や試聴、購入が可能です。
※下記商品は輸入盤。
Joshua Judges Ruth
Curb Mod
2014-01-28
Lyle Lovett

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Joshua Judges Ruth の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


毎日が洋楽

2014/05/07 19:38
●ヒアゼアアフター
 ミランダ・リー・リチャーズ (Virgin VJCP-68420)

 サンフランシスコ出身のシンガー=ソングライターが2001年にリリースしたデビュー作。
 自身が「ピュア・サイケデリック・カントリー・ポップ」と的確にその音楽性を示している通りの内容で、両親の影響を受けて聴き馴染んできた60年代後半のサウンド・エッセンスが散りばめられている。
 アンニュイな歌唱がよく音にマッチして幻想的ともいえる世界を作り出し、もやっとした春の気候に溶け込んでいく。

 このCDの収録曲を知りたい方、また購入されたい方は下のジャケット写真をクリックするとアマゾンのサイトへ入ることができ、そこで詳細情報閲覧や試聴、購入が可能です。
THE HERETHEREAFTER
EMIミュージック・ジャパン
2002-05-29
ミランダ・リー・リチャーズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by THE HERETHEREAFTER の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

モダン・タイムズ
 ボブ・ディラン (Sony Music SICP-1136-7)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


25年前の洋楽日記〜1989年編 (100)

2014/05/06 17:29
Rocket
ロケット
Def Leppard
Mercury 872614
Steve Clark / Phil Collen / Joe Elliot / Mutt Lange / Rick Savage 作
[1989年4月29日 米最高12位]

 「ヒステリア」から7曲目の全米チャート・ヒットで6曲連続でのトップ40入りに成功。
 5曲連続でのトップ10目前まで迫ったが、惜しくも及ばなかった。

 当時の最新テクノロジーを駆使して作り上げられた「ヒステリア」を象徴するような実験的なサウンド・プロダクツで複雑に組み立てられており、シングル・カットにはどちらかというと向かないもののように思えたが、そこはもう勢い
にのっての一気呵成といったところだろうか。

 "Rock It"とも掛けているのかロック・ファンには耳に引っかかる様々なキーワードで歌詞も構成されている。

 イギリスでも最高15位を記録。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


毎日が洋楽

2014/05/05 16:07
●ライヴ・アット・ジ・アポロ
 B.B.キング (MCA MVCM-24)

 90年にハーレムのアポロ・シアターで収録されたライヴ。
 ヴィジターでのニューヨーク公演ということも影響しているのか、それとも元来がこういう企画ありきだったのか、ジャズ・ミュージシャン達をバックにしてのスマートな演奏が繰り広げられている。
 U2との共演が話題になった「ラヴ・カムズ・トゥ・タウン」も演奏されているが、アレンジもずいぶん異なっている。

 このCDの収録曲を知りたい方、また購入されたい方は下のジャケット写真をクリックするとアマゾンのサイトへ入ることができ、そこで詳細情報閲覧や試聴、購入が可能です。
Live at Apollo
Grp Records
1991-04-16
B.B. King

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Live at Apollo の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


25年前の洋楽日記〜1989年編 (99)

2014/05/04 17:19
Heaven Help Me
ヘヴン・ヘルプ・ミー
Deon Estus with George Michael
Mika 871538 / Mika P00P-40011 ポリドール
Deon Estus / George Michael 作
[1989年4月29日 米最高5位]

 デトロイト出身のベーシスト、デオン・エスタスがワムのレコーディング・セッションで知り合ったジョージ・マイケルのサポートをうけて放った唯一のヒット。

 時の人がハーモニーでも参加していたこともあるのだろうが、楽曲としても素晴らしいスムース・バラードで、アダルト・コンテンポラリー・チャート、R&Bとともに最高3位まで上昇し、総合チャートでもトップ5入りする大ヒットになった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


毎日が洋楽

2014/05/03 16:30
●スタジオ150
 ポール・ウェラー (V2 V2CP-200)

●ミステリー・ガール
 ロイ・オービソン (Virgin VJD-32111)

 昨日分。
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

毎日が洋楽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる